本文へスキップ

Saitamashi City Care Manager Society

会長挨拶PRESIDENTIAL ADDRESS

平成30年度 さいたま市介護支援専門員協会 通常総会 会長挨拶


 今年度の会長職を就任いたしました。会員の皆さん同様、関係各所の方々にはひき続き協会活動へのご協力とご指導をよろしくお願い申し上げます。

 私たち介護支援専門員の専門性を、制度開始の頃から考えてみました。
 
 措置から保険移行に際し各種手続き代行・請求事務といった社会福祉事務所の役割を代わって行いつつ、自宅で介護が必要な人が困らないようサービス調整してきた、いわばケースワーカーが当初のケアマネジャー。介護職や相談員をしていた人たちが主に駆り出され頑張りました。私も奮闘しつつ、高齢介護課・支援課・保健師・金融機関・近隣の方と共に関わって対応するような事例などあり、その経験はチームケア実践のために大きく自分を成長させてくれましたしその後のモチベーションにも繋がっています。ですが今思えばそれもケースワークに過ぎなかったように思えます。
 
 その後保険給付の厳格化、介護予防への注力、そして医療連携と共に地域でのチームケアの要を求められる昨今と、専門性はどこをどう磨いていけばよいのでしょう。


 言えることは「これまで変遷しながら求められてきた役割はどれも備わっていないと先には進めない」ということです。そして、現社会保障制度上における役割は “今は介護支援専門員と呼ばれている”私たちの柔軟性にかかっているように思います。
 
 当協会では居宅サービス計画作成のための技術研鑽を主にしながらも、接遇マナー研修や各界著名人による講話、ボイトレ研修など 多岐にわたり研修活動を行ってまいりました。社会保障制度の一翼を担う中で、今のところ専門性よりも柔軟性が肝要だったとしたら当協会活動は正にそれに応えてきたものと自負できます。居宅介護支援費の自己負担化が議論されていますが、それは我々の専門性が評価、試されることにはなりません。つまりそこに私は関心を持ちませんが、自己負担化できる程専門性が確立できているのかどうか制度こそが問われているのではないでしょうか。
 ともあれ、医療機関も含めてチームを調整し地域をつなぐ職種者として(当協会ロゴマークにあるように)元気に奔走し、他の専門職ができない柔軟性こそが稀有な “今は介護支援専門員と呼ばれている” 私たちの将来は楽しみではありませんか!

 

                    さいたま市介護支援専門員協会会長 
                       三恵苑在宅介護支援センター 宮本 好彦
 




さいたま市介護支援専門員協会


【事務局】
 さいたま市介護支援専門員協会

 〒331-0823
  さいたま市北区日進町2丁目
  1864-10  JS日進 
 
 連絡先 
  社協 地域福祉課
    TEL 048-834-3133
    FAX 048-835-1222
  社協 浦和区事務所
    TEL 048-834-3131
    FAX 048-833-3199

ホームページ
http://www.saitamashi-keamane.jp

     http://www.saitamashi-keamane.jp/